Music TO GO!

2007年10月08日

高田馬場の流鏑馬

今週末はオーディオショウは皆勤賞で、今日は高田馬場に流鏑馬を撮りに、となぜか休みなのに休みなしです(^^

毎年の体育の日は高田馬場で流鏑馬が執り行われます。穴八幡宮神社の近くの公園で行われますが、もともとこの近くに馬場があったことで「高田馬場」の地名の由来となったと聞きます。
これは小笠原流の方々によって行われます。武田流の方はベテランの古武士のような人たちが中心ですが、小笠原流の方は高校生とか若い人たちが多く、若武者たちというべきでしょうか。残念ながら浅草にいたかわいい女の子の騎手は今回はおりませんでした。

今日は雨交じりでしたので、傘を差しながら撮れる小さなKiss Digital Nを持って行きました。レンズも交換しなくて良いようにシグマの高倍率ズームです。そのため、せまってくる騎馬をAFで捉えるというようなことは止めて、はじめから置きピンの流し撮りで狙いました。
置きピンとは、あまり高速で追えないような被写体のときはあえてここで撮るという場所をピンポイントで決めておきます。たとえば的の前です。そしてあらかじめそこにピントを合わせておいて、実際に撮るときはAFを使わずMFにしておくわけです。レンズには被写界深度といってある程度ピントを厳密に合わせなくてもピントの合う範囲がありますので、それを考慮しておきます。この方が場合によっては確実です。

8849.jpg     8855.jpg

8894.jpg     8891.jpg     8854.jpg

今回は天気がよくないのでモノクロで撮っています。モノクロの流し撮りでなかなか迫力のある感じに出来たのではないかと思います。コンディションは悪く、はじめはISO800でもいけましたが終わりの方はISO1600に落とす必要がありました。こういう写真はシャッター速度優先で取りますが、暗くなると露出が足りなくなってくるわけです。

下左では飛んでいく矢羽も見えています。下右では的があたって割れているのが分かると思います。
今回はさすがに全的命中の皆中は最後のベテランのみと難しいコンディションだったようです。
posted by ささき at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 日記・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック