Music TO GO!

2016年09月05日

Android 7.0とUSBオーディオクラスドライバ

さて、Windowsの方のクラスドライバー問題が進展したところで、Androidの方のクラスドライバーの進展を見てみようと、Nexus 9をこの週末に最新のAndroid 7.0(Nougat)にアップグレードしました。7.0は8/22にリリースされて少しずつOTAアップデートがなされています。
前の6.0ではクラスドライバーが入っていましたが、出来はあまりうまくありませんでした。

テストはNexus 9(Android7.0)にUSB OTGケーブルを接続して、ロック周波数が画面に表示されるAurender FLOWを使用しました。

IMG_0111[1].jpg

まず44.1/16のCDリッピング音源を標準音楽再生アプリのGoogle Playで再生して見ると、なぜかリサンプリングされ192kHzで再生されます。またノイズやピッチの乱れなど音質は良くありません。ちょっと使えないレベルです。

IMG_0112[1].jpg

次に96/24のハイレゾ音源を再生するとこれもまた192kHzにリサンプリングされます。やはりクラスドライバは入っているけれどもうまく動作していないようです。

IMG_0113[1].jpg

ためしにUAPPを使ってみると問題なく指定サンプリングレートで正しく再生されます。ちょっとまだ道は遠そうに思えます。
posted by ささき at 22:58 | TrackBack(0) | __→ スマートフォンとオーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441662286
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック