Music TO GO!

2016年02月05日

新世代のハイエンドケーブル、Crystal Cable Next登場

待望のCrystal Cable製のハイエンド・イヤフォンケーブルが発売されます。Astell&Kern Portable Cable-Crystal Cable Nextです。
Astell & Kernとのコラボモデルであり、国内ではアユートが販売します。製品紹介ページは下記リンクです。
http://www.iriver.jp/products/product_120.php

8809440331895.PT02.jpg

Astell & Kernのバランス端子に最適の2.5mmバランスプラグ仕様で、イヤフォン側はカスタムなどに使われる2pinと、いまや広く使われているMMCXの二種類が用意されます。

8809440331901.PT01.jpg   8809440331895.PT01.jpg
左: 2pin、右:MMCX

Crystal Cableはハイエンドケーブルの代名詞的な存在のひとつで、うちのブログでもいままでにCrystal Cableの線材であるPiccolinoを使ったJabenのHD800用のヘッドフォンケーブルと、Microを使用したsimilar techのDIRIGENT crystal microケーブルをレビューしたことがあります(現在はどちらも絶版)。

Crystal Cableの特徴は美しい外観と、独自の冶金技術による金と銀の合金を線材として用いていることです。線材は銀の結晶間の隙間に金を埋めるという技術で作られ、これによってより太い銀や銅の線材よりも高い電導率を持ち、さらに曲げに強いという長所もあると言います。

Crystal Cableはオランダのケーブルメーカーです。代表者は女性で元ピアニスト、いまは同じオランダのシルテックの社長の奥様です。
シルテックとは施設は一部共用していますが、基本的に別ブランドで別に製品を開発しています。

いままでCrystal CableはPiccolinoとかMicroといった製品シリーズがあったのですが、このNextは新しいラインナップでPiccoloをベースとしているようです。特にポータブル用として高音質のみならず耐久性や肌への優しさも考慮されているのが特徴です。特にAstell & KernのAK T8iEの交換ケーブルとして期待されます。

IMG_9428_filtered[1].jpg

まだほとんどエージングされていませんが、
さっそく実機をAKT8iEと組み合わせて軽く聴いてみました。
MMCXプラグはかなりしっかりはまります。ケーブルはとてもしなやかで柔軟、前にPiccolinoを試した時より柔軟に思えます。線はわりと太いにもかかわらず、硬さをまったく感じさせないほどしなやかなのが不思議な感覚です。とても軽く感じられます。
高性能ケーブルはたいてい太くて硬く、ヘッドフォンにはよくてもイヤフォンに合わせると取り回しに難があったりしますが、Nextはそうしたことはありません。

AK380AMPのバランスで聴いてみました。
たまたま再生したのがアカペラのヴォーカルもの(フィンランドのラヤトン)だったのですが、生々しさが異常なほどで、はっと思って思わず手に持ってたAK380を落としそうになりました。CDリッピングですけど聴いてて、あれ?これってハイレゾで買ったっけ?とほんとに液晶のデータ表示を見直してしまいました。

高域の伸びや低音域の沈みと豊かさ、空間の深さ、いずれも圧倒されますが、次に気がつくのは音再現があくまで自然で滑らかなことです。
普通ケーブルは銀線っぽいか、銅線っぽいかどちらかで、特に箱から出したてではそれを強く感じますが、Nextはそうした素材のバイアスをあまり感じさせません。あくまで自然な音再現に聞き入ってしまいます。AK T8iEとの相性はとても良いと思います。

このケーブルの良い点は情報量やワイドレンジ感のような性能の高さだけではなく、音楽的な豊かさと自然さを高い次元で調和していることだと思います。そうした上質な音再現が音の高級感というかハイグレードさを感じさせます。やはり元ピアニストがやってるブランドですね。
ちょっと聴いてもいままで聴いたケーブルの中でもトップクラスであることは間違いないと思いますが、もう少しきちんとエージングして聴いてからまた詳しく書きたいと思います。


プラグが2.5mmなので3.5mmの機種で使いたいときは、このリンクでいま単体売りしているAK T5p用のショート変換ケーブルを用意しておくとよいのではないかと思います。この変換ケーブルはかくれ人気商品のようです。

IMG_9442_filtered[1].jpg

Crystal Cable Nextは本日から予約受付開始で、2016 年2 月12 日(金)から販売開始ということです。販売は直販のアキハバラe市場、フジヤエービック、e☆イヤフォンの限定です。
価格はオープンで、直販価格 99,980円(税込)です。2月13日のポタ研でも聴くことができるでしょう。

これはぜひJH AudioのSirenシリーズ用の4pinでも作成してほしいですね!
posted by ささき at 11:03 | TrackBack(0) | __→ AK100、AK120、AK240 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433412898
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック