Music TO GO!

2005年06月12日

印象(impression) - 三浦友理枝

今日は新鋭ピアニストの三浦友里枝さんのインストアライブをみてきました。
まさに才色兼備をそのまま形にしたような方で、女優さんかアイドルと言ってもそのまま通用するようなルックスに加え、数々の国際コンクールで一位を得るという実力派の持ち主です。若手で美人というとアーティストのデビューアルバムはたいていポップのカバー曲かクラシックの有名曲ですが、彼女はこの印象というデビューアルバムを文字通りフランスの印象派のピアノ曲というトータルイメージでまとめるという直球勝負からも実力のほどがうかがえます。少し前に題名のない音楽会の新人特集にも出ていました。

やはり話題性のゆえか、ついこのまえの上松美香さんを上回る人が入っていました。上松さんの方がデビューしてから長いし固定ファン層もすでにあるのに対し、これはすごいことです。
実際にみると写真を上回るかわいらしさですが、すごいのはその演奏です。上松さんは終始にこにこしながら演奏してますが、彼女は演奏が始まるとなにかがとりついたかのように曲に入り込んで演奏します。ドビュッシーの月の光での優雅で滑らかな指の動きや正確な演奏、ラベルのピアノ版ラ・ヴァルスなどは聴いてる方がよく分からないほど複雑な曲を両手が絡み合いながらときおり左手グーで鍵盤を叩きながら力演します。
演奏が終わってこちらにほほ笑むと、この人が今演奏していたというのが信じられません。まさに感動的な演奏でした。
おしむらくはこの後イギリスに戻って王立音楽院で2年間勉強するとのことで本格的な活動はその後になるのでしょうね。

下記に公式ページのアドレスがあります。
同じアドレスで携帯からアクセスすると待ち受け画像もダウンロードできます。わたしの待ち受け画面が変わったのは言うまでもありません(笑)

http://yuriemiura.com

posted by ささき at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 音楽 : アルバム随想録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック