Music TO GO!

2013年10月22日

EarSonic S-EM6、6ドライバーのユニバーサルIEM

EarSonic S-EM6はフランスのメーカーのハイクラスイヤフォンで、ユニバーサルタイプながら3Wayの6ドライバーを採用している点がポイントです。ドライバーはそれぞれ高域x2、中音域x2、低域x2、となっています。インピーダンスは60オームと言うことでこの手としては少し高めですね。
ホームページはこちらです。
http://www.earsonics.com/en/audiophiles-earphones/s-em6/

IMG_2689_filtered.jpg

デモ品を借りましたので、AK100Mk2で試聴しました。装着はShure式で、装着感は悪くはありません。チップはダブルフランジです。

IMG_2701_filtered.jpg     IMG_2700_filtered.jpg

音質は全体に誇張感はなく、適度に滑らかさと聴きやすさがあります。乾いた感じではなく適度にウエットですね。低域もインパクトはありますが強くはありません。高音域もカチッとしたクリアさもありますが、きつさはあまりありません。音場の二次元的な広がりは標準的ですが、立体感は高いと思います。解像感もクラス的には普通程度です。3Wayで6ドライバーにしては一穴のイヤフォン孔と言うのも工夫してほしかった点ではありますね。
全体に音楽の雰囲気表現に長けていますが、やや甘い面もあります。さすがフランス製と言うか、性能系というより音楽性よりだと思いますね。AK100Mk2と組み合わせた音楽リスニングはなかなか良い感じです。
ケーブルプラグはカスタムイヤフォンで一般的なタイプなのでケーブル交換すると光るかもしれないが、プラグが硬くて借用品なのでやめておきました。標準ケーブルだとやや中庸的ですが、ケーブル交換するとまた光るかもしれません。

ヘッドフォン祭ではムジカアコースティックのブースで試聴できる予定です。
posted by ささき at 22:25 | TrackBack(0) | ○ ポータブルオーディオ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック