Music TO GO!

2013年10月03日

Kickstarterの超小型MP3プレーヤー内蔵イヤフォン、SPLIT

クラウドファンディングのKickstarterでまた面白いのを見つけました。
これは下記の超小型MP3プレーヤー内蔵イヤフォン、SPLITです。名の通りに左右間にケーブルはなく、独立してます。

http://www.kickstarter.com/projects/701992503/the-worlds-only-earbuds-with-no-strings-attached?ref=live

Splitは両方の耳に入るような小型のイヤフォンにMP3プレーヤーが内蔵されています。面白いのは操作の仕方で、歯を噛むことで行います。一回噛むと再生でもう一回噛むとスキップ、噛むごとに曲スキップします。この検知には3軸加速度計を使用しています。ボリュームは二回カチカチと噛むことでアップができ、二回噛むごとにボリュームをアップします。デフォルトは3段階ですが、PCにつなぐことでステップを細かく設定できます(ただし一度行き過ぎると歯が痛くなるでしょうけど)。この機能はイヤフォンに指で触れることでキーロック(噛みロック?)できます。ご飯を食べてる時に使えないのは残念です。

プロセッサはARMベースのEFM32でこの中にDACやオペアンプが内蔵されています。製作者は音にも自信あり、だそう。オーディオとしてのスペックは出力20mW/ch、SNR:100dB、6mmのネオジウムダイナミックドライバー。チップは取り換え可能。再生は4時間です。メモリは64MB(GBではない)か256MB、ファイルはMP3とWAVに対応しています。(WAVは入れられないと思いますが)
ポイントは両耳でのケーブルなしの再生ですが、これは片側にプレーヤーがあってもう片方にストリーミングするのではなく、両方にプレーヤーがあって、同時に同じ音源を再生します。そしてその同期をクロックを無線で交換することで行います。そのため、無線はBTやWiFiではなく、独自の小電力通信でここがKickstarterものらしい技術のポイントなんでしょう。体に与える電磁波的な影響もBTの1/1000とか。

Kickstarterで投資受付中で$155から実機が購入できます。ターゲット完成期日は2014年4月です。ガジェット的な引きは強いんですが、さて。。。

ちなみにこれを開発するGreenwing Audioのような小さな新興メーカーは今ではガレージメーカーというよりスタートアップ(Startup)と呼びますのでその辺も小耳に挟んでおくと良いかもしれません。
***

ちなみについでながらKickstarter開発のLight Harmonic社のUSB DACのGeekですが、名前をGeek outと変更して順調に開発進行中で、いまは色などのオーダーを取っているところです。私は限定KickstarterカラーのGreenと普段使いのBlackをそれぞれノーマルタイプとSuper Duperタイプで購入(投資)しています。
http://mustgeekout.com/?ref=backers

またKickstarterネタではないけど、この手のDragonfly的な小型で、かつDSD再生や384KHzも可能なUSB DACは他にもResonessenceがHerusというのをつい先日発売開始しました。この手のいわばDragonfly第二世代みたいなDSD対応のコンパクトUSB DACにもちょっと注目です。
http://resonessencelabs.com/herus/
ちなみに採用してるDACはそれぞれGeek OutはPCM1795、HerusはES9010-2Mです。
posted by ささき at 23:57 | TrackBack(0) | ○ ポータブルオーディオ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック