Music TO GO!

2007年03月20日

祝!幻夜 文庫化

東野圭吾の「幻夜」は「白夜行」とストーリー的なつながりはないけれども事実上の続編ともいわれる長編です。
発刊した時に図書館に予約しようと思って聞いたら半年待ちとも一年待ちとも言われてしまいました。。といっても家に帰るといろいろやることが多いし、わたしは小説は電車で読むのが基本なので、これは待望の文庫化です。
とはいえ、なんだこの厚さ!

genya.jpg

なんとSR71と同じ厚さというのを発見してしまいました(笑)
ということは当分SR71はバッグにいれるスペースがないかも..



(*右のリンクは単行本のものです)
posted by ささき at 20:51| Comment(4) | TrackBack(0) | ○ 日記・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ということは、本をくり抜いてSR-71を入れることも出来ますね。(・∀・)イイ!!
あ、別に隠す必要ありませんね。(ーー;)
Posted by rabbitmoon at 2007年03月21日 00:23
ラビさんは今度は文庫本をくりぬいてケースにしてCMOYを入れてみてください(^^
Posted by ささき at 2007年03月21日 09:42
あぁ、白夜行が読み終わらないうちに
幻夜がでてしまいましたorz
白夜行も厚いですが、幻夜も厚いのですね。
私も電車の中で本を読むことが多いので
厚い本は読むのが辛いです。
なので、ついつい放置しがち・・・。
Posted by Chris at 2007年03月21日 14:59
Chirisさん、こんにちは。
たしかに厚いものほど積読率が高いというのもありそうです(^^
京極夏彦の文庫本のように文庫版で分冊というのもありかもしれませんけど、そうすると一冊読み終えそうなあたりで二冊もっていかないといけないという問題もありそうで...

でも、幻夜のまえに白夜行を先に読み終えたほうが良いと思いますよ!
Posted by ささき at 2007年03月21日 22:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック