Music TO GO!

2006年12月10日

ナトゥラーレ - アントネッロ インストアライブ

今日はタワレコのインストアイベントで古楽のアントネッロというグループがくるということは知ってたんですが、浅学ながらどういうグループかはわかりませんでした。ただ古楽器の音が聴きたい、という感じでちょっと行ってみました。
しかし実際に聴いて見るとなかなか白熱したコンサートが楽しめました。

http://www.ne.jp/asahi/anthonello/casa/

スペインの音を日本人の心で、というポリシーで活動しているそうです。
とても気に入ったのはこのリコーダー担当の方が吹いたコルネットという楽器ですが、これは今日のものと違って尺八のような形をしています。音がサックスにそっくりで実際にちょっとジャズ風の演奏にも聞こえました。この辺はちょっと前に書いたOfficiumを思い出します。古いようでとても新しい音楽です。
それにビオラダガンバの古楽器らしい倍音豊かな弦の響きが加わります。途中から覆面をしたリコーダーがもうひとり加わったりとなかなか楽しめるステージでした。

日本の古楽アンサンブルでもタブラトゥーラのような独自の活動をしている人たちは知っていましたが、まだまだたくさん独自の個性的な演奏活動をしている人たちはたくさんいるのだと思いました。
posted by ささき at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 音楽 : アルバム随想録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック