Music TO GO!

2011年10月09日

ハイエンドショウ2011秋

ハイエンドショウを見てきました。面白いと思ったのはEARがヨシノトレーディングを代理店として新たに日本市場に出てきたと言うところです。パラビッチーニ氏も来てましたね。これにより価格は以前より安くなるということです。HP4も聞かせてもらいました。前はすごく良かったと思いましたが、今回はそれほどという感じではありません。やはりヘッドフォンアンプ市場に良いものがいまはたくさんあるかもしれません。

IMG_1000.jpg     IMG_0999.jpg

ヘッドフォンアンプではセカンドスタッフがブロッサム・バランスアンプの新製品を出していました。今度はHE6などの4ピンXLRバランスにも対応しているようです。
ShiitのLYRも出ていました。こちらは直販のみということのようです(48300円)。

IMG_1007.jpg     IMG_1008.jpg


今回面白かったのは台湾のKingrexが代理店なしで直接参加していたことです。「代理店募集中」なんて張り紙をしてました。
IMG_0998.jpg
ここのUSB DACとDDCは低価格(3万円台)で384kHz対応というなかなか面白いものです。
なかの仕組みがよくわからなかったので、Win7のサウンドプロパティとMac(10.6.8でした)のAudioMidi画面を開けてもらいました(DACとDDCで異なっていたかもしれません)。どちらも標準ドライバーでMacは384kHzまでWin7は192kHzまでとZodiac Goldに似た感じですね。やはりHighSpeed対応の独自コントローラでしょうか。
192b.jpg     192a.jpg
スピーカーデモは台湾メーカーらしくJohnBlueを使ってました。代理店さんはこのJohnBlueもチェックしたほうが良いと思います。こちらに前に書きました。
http://vaiopocket.seesaa.net/article/113731264.html
前のヘッドフォン祭の時も書いたんですが、台湾って言うのも注目ですね。下記の記事の下の方に書いてます。
http://vaiopocket.seesaa.net/article/199951950.html
ちなみに台湾のKingrexの人は英語のプレゼンの中でcomputer audioではなくpc audioって言ってました。

今回のハイエンドショウは個人的には47研究所がいないのがちょっとさみしかったですね。
posted by ささき at 22:12 | TrackBack(0) | ○ オーディオショウ・試聴会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック