Music TO GO!

2006年07月11日

Musicream - Fried Pride

こちらはフライド・プライドのニューアルバムです。このフライド・プライドは先日書いたFAKiEと同様に女性ヴォーカルと男性アコギ一本というユニットです。
両者で似ているところはギタリストがどちらもロック出身を思わせるセンス・マインドを感じるところですが、違いを見せるのはヴォーカルスタイルです。フライド・プライドのshihoさんはハスキーヴォイスのJazzヴォーカルで歌い、よりポップなスタイルのFAKiEのkeicoさんとは対照的です。それを反映してフライドプライドの楽曲もよりJazzyであり、米ではJazzレーベルからデビューしているようです。またフライド・プライドはアルバムによっても違いますが、二人にこだわらずにパーカッションやフルートなどのサイド楽器も加えています。

アルバムの構成もカバー曲を中心としてオリジナルを加えるというところも共通するところです。フライド・プライドのオリジナルもギターのyokotaさんの繰り出すスピードのある超絶ギターにshihoさんのハスキーなJazzヴォーカルが絡むという非常にかっこいいものです。
解説の通りに今作品は彼・彼女らにとってはかなりポップ志向ということです。実際にカバーの選曲も面白いところでは井上陽水のリバーサイドホテルなんかが選ばれていますが、このアレンジも巧みで歌詞の世界にshihoさんの艶っぽくもあるヴォーカルが見事に陽水の世界を表現していて、これはオリジナルより歌の世界が浮かび上がるようです。

http://www.jvcmusic.co.jp/friedpride/discography/VICJ-61356.html

上記サイトで全曲試聴できますので、どうぞ聴いてみてください。カバーの1曲目もいいですが、6曲目のオリジナルなんかもお勧めです。

posted by ささき at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 音楽 : アルバム随想録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック