Music TO GO!

2011年02月25日

新Macbook Pro登場とサンダーボルトのデビュー

本日噂されていたMacbook Proの新型が登場しました。

http://www.apple.com/jp/macbookpro/features.html

今回の目玉はSandy Bridgeと呼ばれる新世代プロセッサと、もうひとつはサンダーボルトという新世代の外部インターフェースです。サンダーボルトはこのMacbook Proで世界初の登場になります。
サンダーボルトはディスプレイにもハードディスクにも使える汎用の外部インターフェースで転送能力はFireWireをはるかにしのぎ、USB3.0さえ上回ります。アップルはなかなかUSB3.0を採用しないと思ったら、USB3.0は無視してサンダーボルトを採用していくのかもしれません。サンダーボルトはインテルとアップルの合同開発でLight Peakと呼ばれていました。
面白いのはこのサンダーボルトは接続においてはデイジーチェーンで接続していくことです。もともとFireWire(IEEE1394)はAppleが提唱したんですが、このサンダーボルトはAppleがいったんUSBに後れを取ったFireWireをまた仕切り直しにしてきた感じもします。こうなるとちょっと現行のFireWireについてはどうなっていくのかは不透明ですね(このMBPに関してはFireWireもサポートされています)。サンダーボルトも普及はわかりませんが、いまのアップルには力と勢いがありますからね。
ビデオに関してはともかく、オーディオに関しては帯域幅としては現行のUSB2.0でもそんなに不足してはいないので、なにか別の利点が必要かもしれませんがサンダーボルトは低レイテンシーで等時的な特性も重視しているのでその辺で面白いかもしれませんね。ちなみにサンダーボルトは双方向通信が可能でバスパワーもあります。また光もサポートしています(これがLight Peakとかサンダーボルトみたいに「光」に関する名前の由来のようです)。

コンピューターオーディオ向けではMacbook ProはSnow Leopardの64bitモードの実行が許されているのでお勧めです。MacbookとMacbook Airは64bitモードの実行がAppleによってプロテクトされているので6・4押しはもちろん、Startup Selectorのようなプログラムでも64bitモードでカーネルを起動できません。(不可能ではありませんがカーネルに手を加える必要があります。また最新のでは確認してません)
Airなどは64bitモードが可能なハード要件(EFIも含む)は満たしているので、これはAppleの販売政策といわれています。Mac miniも最近までそうだったんですが、最新のものは64bitモードが大丈夫のようです(未確認)。

一言でいうとプロセッサも入出力も新世代に刷新されて速くなったMacbook Proといえますね。なかなか魅力的です。(ちなみに本日はジョブズの誕生日です)
しかし最近はアップル記事ばかりになってしまいましたけど、取り上げずにはいられないものばかりですからね。やはりいまのアップルには力があります。
posted by ささき at 00:25 | TrackBack(0) | ○ PCオーディオ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック