Music TO GO!

2011年02月13日

A matter of life - ペンギンカフェオーケストラ

最近はオールドバンドの新譜が出るのも珍しくありませんが、なんとペンギンカフェオーケストラの新作が出ました。
ペンギンカフェオーケストラというとイーノのレーベルから環境音楽の一環として発売されたユニットです。聴きやすいセンスのよい楽曲で人気を集めました。キーメンバーのサイモンジェフス死後に活動が途絶えたんですが、息子アーサーさんがインディーレーベルとして復活させたということです。
この新作を聴いてみると、落ち着いて聴ける上質の室内楽という印象は同じです。4・6曲目が昔のイメージに近いように思いますね。ペンギンカフェというとイーノなどのアンビエント音楽が暗めで瞑想的なのに対して明るい色彩感が人気のあったところだったと思います。この息子アーサー版では前よりウエットで感傷的なところもまたありますが、この息子さんもなかなかよい感覚の作曲をする人だと思います。

このディスクを見つけたのはエレクトロニカのコーナーだったというのも面白いところです。この音楽自体はエレクトロニカっぽくありませんが、当時の環境音楽と同じようなニッチを埋めるのが今ではエレクトロニカということでしょうか、その辺がちょっと興味深いところです。
家具の音楽とも呼ばれましたが環境音楽は曲それ自体が主張するというより生活の一部に組み込まれ混ざり合うような音楽ムーブメントでした。直接的にはいまのアンビエントにつながる流れです。
ちなみに始祖であるイーノも昨年久しぶりに新作"Small Craft On A Milk Sea"を出しました。こちらもどうぞ。
新ペンギンカフェの試聴は下記Amazonリンクでできます。リンクはMP3ダウンロードですが、ディスクはタワーレコードなどで購入できます。

     

posted by ささき at 21:27 | TrackBack(0) | ○ 音楽 : アルバム随想録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック