Music TO GO!

2010年03月20日

青梅の吉野梅郷

もはや桜も咲こうかという頃ですが、梅を撮りに青梅の吉野梅郷に行ってきました。ここはいつも遅めではありますが、今年は特に天候不順でいまが盛りとなりました。
ここは昨年度の新聞が選んだ全国一の美しい梅林ということです。吉野梅郷というと範囲が広いのですが、今回行ってきたのはその中の「梅の公園」という部分です。

http://www.omekanko.gr.jp/ume/

今回はメインはEOS-1DsMkIIに最近買った100マクロIS Lと、スナップ風にDP2を使いました。

3655.jpg     3672.jpg
EOS-1Ds MkII, EF100マクロIS L

右の写真のようにコントラストが明瞭で像のエッジが立つことによる重なり表現がはっきりと分かるところなんかはオーディオの表現にも通じるでしょうね。写真ではシャープなレンズで被写体を明瞭に描き、背景を適度にぼかして被写体との差を浮き彫りにします。オーディオならばノイズを減らして背景を黒くして、SNの高い回路で明瞭に信号を再現することで、楽器間の重なりが分かるでしょう。

また左の写真ではダイナミックレンジが肝要です。ハイライト部分の明るさを最大限に生かして、シャドー部との差を大きくすることで表現の幅を広げます。音楽のレコーディングなんかでも、ダイナミックレンジを最大限に生かすことでミュージシャンの演奏の細かな機微を描き出すことができます。

美しい風景を記録する写真やカメラも、素晴らしいミュージシャンの演奏を記録するレコードやオーディオも似たところがあるかもしれませんね。

sd2847.jpg     sd2860.jpg
Sigma DP2

また下が梅の公園を俯瞰したものです。これはiPhoneのパノラマ合成です。これは縦で6枚合成しています。縦で合成することでiPhoneの持つ解像力の低さを補ってプリントしても高い画素数を稼ぐことができます。一眼レフでこの方式で高精彩プリントを作るプロもいます。

IMG_5285.jpg
iPhone (AutoStich)

この週末にもお勧めですので、桜の前にお楽しみください。
posted by ささき at 21:59 | TrackBack(0) | ○ 日記・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック