Music TO GO!

2009年12月06日

本土寺の紅葉(北小金)

北小金にある本土寺は昨年少し紅葉を見てきたんですが、今年は本格的にこのシーズンを通じて行ってきました。
中は広くピークが木によって異なるので毎回いくたびに違う顔が楽しめます。特に山門付近と中では違いますので分けていくのが良いと思います。中のピークは先週で、山門付近のピークは今日でした。

まずは新型100マクロIS Lです。
切れがよく、ぴりっと締まった絵を切り取ってくれます。

3452.jpg     3230.jpg     3149.jpg
EOS-1DsMkII, EF100マクロIS L

今回は16mmの超広角でも紅葉を撮ってみました。
京都に負けないような本土寺の広大な色の空間を絵に収めてくれます。一番右の写真も16mmで撮ったものですが、きちんと水平に撮ると16mmでもこうした普通のスナップのように撮れます。それでいてこの構図は16mmでないと撮れません。

3337.jpg     3264.jpg     3285.jpg
EOS-1DsMkII, EF16-35/2.8L

こちらはソフトフォーカスです。
光と色、という二極の美しさを抽象的な絵画のように描き出してくれます。

3349.jpg     3249.jpg     3403.jpg
EOS-1DsMkII, VK50R Soft

さて、紅葉もこれで今年は終りだと思いますが、紅葉が終わると今年も押し迫ったという感じです。ただ冬はまた斜光線が立体感を作り出し、スナップにはまた良い季節となります。
posted by ささき at 21:52 | TrackBack(0) | ○ 日記・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック