Music TO GO!

2009年09月06日

Beyer T1続報

昨日IFAでレポートしてくれたメンバーが今日はDT880(2003)を携えて比較にいってきたようです。
http://www.head-fi.org/forums/5989330-post256.html

音の特徴的にはウォーム感が控えめでより高域の存在感があり低域の量感もあるという点でDT880よりはDT770(600ohm)により近いということのようです。それでいて解像力はそれらよりずっと高く、音場は表現がむずかしいけれどもやはり良いということです。音の広さ的にはあまり変わらないけれども、再現性はずっとよいということなので、これは憶測ですがたぶん音の立体感がかなり際立っているのではないでしょうか。これもドライバー傾け系の特徴ですね。

フラットというよりは高い方も低い方も強調気味なのでしょうか。ある意味HD800とは性能的に拮抗していて性格的には異なるもののようで切り分けもできるかもしれません。性能的にはHD800はいいけど、音の性格的に好きになれないという人にもいいかもしれませんね。

MP3プレーヤーでは音量は取れなかったと書いてますが、この方のMP3プレーヤーはレベルが低めにしてあるといいます(ちなみにEU向け仕様のMP3プレーヤーは難聴対策でなんらかのボリュームリミッタが付いていたりします)。また会場がうるさいせいかもしれません。
いずれにせよヘッドホンアンプのA1のボリューム位置から考えるとDT880よりはT1の方が能率が高い、鳴らしやすいということのようです。
ベイヤーはインピーダンスを変えたモデルを出したりしていますが、T1はそれらを統合できるのかもしれませんね。前にも書きましたが600Ωとか高いインピーダンスにするのはスタジオなどで並列接続して複数使用するためでもありますが、T1はホームユースにも同時に適しているということなんでしょう。
posted by ささき at 09:58 | TrackBack(0) | ○ ホームオーディオ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック