Music TO GO!

2008年10月07日

秋のヘッドホンショウにむけて

いよいよ秋のオーディオイベント月間が始まりましたが、このさきにはおなじみ秋のヘッドホンショウがあります。
そこでわたしもまたいくつか出品しようと思っています。

まず、いま借りているALOの新製品のSXC Cryoケーブル群はショウにもっていってよいとkenさんから許可をもらいましたので、実際にお見せしたり、また聴かせることができると思います。
ちなみにいま手元にあるドックケーブル(LOD)はノーマルのiPod用のものですが、iMod用のものは送ってもらう予定になっています。
ALOのサイトはこちらです。(最近リニューアルされました)
http://www.aloaudio.com/

それとすでにご存じの人もいると思いますが、今月ALOオリジナルのポータブルヘッドホンアンプが出る予定です。それもデモ品をおくってもらう予定になっていますので、それもショウにもって行けるかもしれません。そのアンプの詳細などについてはまたのちほど。
Kenさんもなんだか自らヘッドホンショウに来たがってたので、意外と来年あたりはALOのブースなんかもあるかもしれません。
そうしたらインターナショナル・ヘッドホンオーディオショウと呼べるかも(^^


そしてもうひとつあります。
今度はPK1やMiniBoxなどでおなじみのHead-directからもわたしにレビュー依頼が来ました。ALOとはまったく関連ないのですが、うちもほんとに国際的になってきました。
Head-Directは中国製品を主に米国に販売するディーラーですが、拠点はニューヨークにあります。ホームページはこちらです。
http://www.head-direct.com/

まずEF1という新型の真空管ハイブリッドのヘッドホンアンプを送ってもらう予定です。これは小型で性能も良いとHeadfiでも話題のアンプです。
それとイヤホンではこれも出たばかりの新製品でKSC35/75ファンには興味のあるだろう耳かけタイプのYUIN G1,G2も送ってもらう予定です。また、前に紹介したカナルとイヤホンのコンバーチブルであるYUIN OK1,Ok2も送ってもらう予定です。
これらもヘッドホンショウに持っていって良いということなので持っていこうと思います。
ただG2はちょっと問題があって手直しが入る予定なので、G1,G2についてはちょっと分かりません。

ALO製品、Head-Direct製品とも持っていくリストはまた近くになって確定した時に書きます。

あとはAudioengine 2も持っていこうと思っています。ソースをなににするかはまだ決めていませんが、まあいざとなればどこのご家庭にも一つはあるiPhoneにすればいいかと。iTransportと組み合わせて携帯電話につなげたパソコンのスピーカーの音質がどの程度のものかということをぜひ聴いてもらいたいな、と(^^
posted by ささき at 23:07 | TrackBack(0) | ○ オーディオショウ・試聴会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック