Music TO GO!

2014年04月08日

須山FitEarの春のヘッドフォン祭での新作

先日ヘッドフォンブック2014というかカスタムイヤフォンブック付録の打ち上げがありまして、モツ鍋飲み会をして来ました。こちらレバカツ。

IMG_3493.jpg

そこで今後のヘッドフォン・カスタムIEM世界についての陰謀戦略をいろいろ討議したんですが、それは置いといて、そこで須山さんから3つほど新しいイヤフォンを見せてもらいました。

一つはこれ、FitEarのエイプリルフールネタを飾ったFitEarガトリング(海外ではFitEarガンダムと呼ばれてる)ですが、これ実はちゃんと聴けます。というかけっこう良い音でした。メタル3穴って、これネタのように見えて...

IMG_3496.jpg     IMG_3497.jpg

もう一つはこれ、こちらはカスタムですがポイントはシェルを3Dプリンタで作成したものです。

IMG_3498.jpg     IMG_3495.jpg

ここまではtwitterですでにポストしたんですが、実はもう一つあります。これは一番製品に近いリアルなんで黙っていましたが、部分開示許可をもらいました。
これは春のヘッドフォン祭に出品されるFitEar新作です。

IMG_3540.jpg  IMG_3542.jpg  IMG_3545.jpg

これ飲み会の席でポンと手渡されて、なんの説明もなく先入観なしで聴いてくださいと言われたものです。
そこで予備知識ゼロでちょっと聴いてみた感想をきのう須山さんにメールで送ったのですが、本記事では解説に替えてそれを一言一句変えずにここに書きます。

「飲み会の時にもらったユニバーサルですけど、かなり音のレベルは高いと思います。
際立って感じるのは音空間の広がりの良さ、立体感の高さですね。AK240で聴いてますが、バランスでなくともかなり秀でています。またiPod classicなんかでも同じように感じるのでこのIEMの良さだと思います。パルテールと比べるとこの点はかなり向上してます。
またパルテールなみの透明感もあるし楽器の音のリアルな再現力も高いと思います。」


この後に設計内容・構成について須山さんから教えてもらいました。しかしながらはじめのインプレが面白いというか興味深いので、あえてそのまま掲載しました。
また構成・設計内容についてもここに書きません。ユニバーサルですがパルテールとToGo334のどちらとも違う新設計です。
ヘッドフォン祭でみなさんもぜひ聴いてみてください。

名称と価格はだいたい決まっているようですがまだ公開できません。
付属品で決まっているのは
* 黒シェル/001ケーブル/ペリカン黒
の標準セットですが、隠し球もあるかもしれません。
それと3Dプリンタカスタムももしかすると春のヘッドフォン祭に出展できるかもしれません(未定)。

ヘッドフォン祭ではFitEarブースへGo!
posted by ささき at 06:10 | TrackBack(0) | __→ 須山カスタム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする