Music TO GO!

2014年02月06日

Astell&KernのアンプとスピーカーとAK240

本日はA&Kイベントの準備としてAstell&Kernのアンプとスピーカーの音出しをしてきました。

IMG_3158.jpg     IMG_3151.jpg

アンプは300Bのプッシュプルです(20W/ch)。普通300Bはシングルで使い高能率スピーカーと組み合わせて音色を楽しむものなのでこれは珍しい形式です。A&Kスピーカーが比較的低能率の現代型ブックシェルフスピーカーなのでパワーを必要とするからですが、普通このパターンはEL34のプッシュプルにしますね。あくまで300Bを使って鳴らしたいというこだわりが見て取れます。
スピーカーは航空機グレードアルミ(ジュラルミン)のがっしりした剛性高いもので胴で鳴らすタイプではありません。

IMG_3150.jpg     IMG_3156.jpg

AK240をソースとしてセットアップしました。
実際鳴らしてみると豊かで滑らかな、ピュアで美しい感動的な音再現です。ポタ研ではなく、東京インターナショナルオーディオショウで鳴らしたい素晴らしい音です。
またDSD音源との相性にも注目できます。ぜひスピーカーオーディオのユーザーにも聴いて欲しい音です。

IMG_3148.jpg

もっとも"MP3プレーヤー"メーカーのiriverがなぜこんな本格的なスピーカーとかアンプを出すんだ、という人もいるかもしれません。
それには昨日のNewyork Timesに興味深い記事があります。下記の「ホームオーディオを凌駕するポータブルプレーヤー」という記事です。もちろんAK240のことです。
http://mobile.nytimes.com/2014/02/06/technology/personaltech/review-astellkerns-ak240-hand-held-music-player.html?_r=1&referrer=

この中でA&KのOwen KwonはAK240は"showing the direction we are headed in hi-fi. (AK240は我々がHiFiへ進むことを示すものだ)”と語っています。
この言葉からAK240とこれらの製品の結びつけも感じられるでしょう。そしてAK240の持つ意味も見えてくるのではないかと思います。
posted by ささき at 00:09 | TrackBack(0) | __→ AK100、AK120、AK240 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする