Music TO GO!

2013年01月30日

Tzar350のリケーブル遍歴

Heir Audio Tzar 350に関してはiriver AK100が素晴らしい組み合わせだと思います。とてもリアルでかつ高精細なAK100の魅力を存分に引き出してくれます。またAK100は出力インピーダンスが高めと揶揄されることもありますが、そういう意味では350オームのTzar 350はベストマッチとなります。(HeirのWizardもそう言ってます)
Tzar 350についての詳細はこちらをご覧ください。
http://vaiopocket.seesaa.net/article/309692961.html

Tzar 350のイヤチップはいろいろと変えられるんですが、結局は標準だったオレンジチップに落ち着いています。
ただし上記記事でも書きましたが、ケーブルは変更した方が良いと思います。標準ケーブルでもバランスの取れた帯域再現で解像力も悪くはないけど、音が高めで高域がきついですね。以下はいろいろとリケーブルしてみたインプレです。

* Whiplash TWag

IMG_0622_filtered.jpg

JH16などカスタムで使用しているWhiplashのTWag(第1世代)を付けてみましたが、たしかにさらにシャープで高解像度になるとはいえ、ちょっと過剰で銀主体だとちょっと人工的な音調になる感じもしますね。ちなみに最近WhiplashのハイエンドであるTwag/TWcu 8 conductor Hybridを買ったんですが、これはちょっとTzar350+AK100のような軽量システムにつけるにはちょっとケーブル重すぎという感じです。DX100/HM901あたりに使うかなあと思ってますが、この8 conductor タイプはイヤフォンよりはヘッドフォン向けかと。イヤフォン向けなら通常のTWagかTWcuのOM(Over Mold)タイプが装着感も含めてよいように思いますね。

* UE新ケーブル

IMG_0621_filtered.jpg

次に付けてみたのがUE18についてた新UEケーブル(4芯のタイプ)はかなり良いです。いまはこれで使用しています。
高域も落ち着きすぎないくらい適度な感じで、低域はやや強調されロックポップにもいい感じです。解像力もさらに上がり、音再現もリアルで自然です。
まだ多少聴き疲れ感はありますが、これくらいシャープでないとTzar350のうまみもないのでよいかなと思いますね。

* Heir Audio Magnus1

IMG_0626_filtered.jpg

これはHeir Audioの純正交換ケーブルです。高域もきつさが取れ、UE新ケーブルに似た帯域再現ですけど、音はぱっと広がるとともに耳からやや遠めになる(UEは耳に近め)感じがします。
さらにクリアになり、低音がより深くなる感じもしますね。なかなか高性能のケーブルです。
ただUE新ケーブルの方がややクリアさには劣るけれど、より自然でリアルな感じはします。これは個人的な好みもあるかもしれません。ややUEケーブルよりも乾いた感じかもしれません。
欠点としてはステムが長いので耳に巻きにくい点ですね。

どちらかというとTzar 90とよく合うので、いまはMagnus1はTzar90に付けて、Tzar350は新UEケーブルで使ってます。いずれにせよ純正ケーブルよりはMagnus付きで買うことをお勧めします。

**

ところで「リケーブル」も、もしかすると私がひろめた言葉かもしれませんが、基本的にはリケーブル自体は動詞として使うのが良く、XXが最近発売したリケーブル、っていう言い方はあまり良くないですね。名詞として使う場合には交換ケーブルとかオプションケーブルで良いと思います。HeadFi英語だと"aftermarket cable"です。
posted by ささき at 23:44 | TrackBack(0) | ○ ポータブルオーディオ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DSD再生が出来るiPhoneアプリ - DSD-1

先に開発中のOnkyoのアプリをDSD再生できるiOSアプリとして紹介しましたが、もう一つ最近出ていました。このDSD-1はすでにapp storeで公開されています。下記はiTunesリンクです。
https://itunes.apple.com/jp/app/dsd-1/id592396897?mt=8

DSFのみ対応ということです。下記はNetaudio Vol2の付録「夜道の手袋」DSF音源です。

IMG_9302.PNG  IMG_9301.PNG  IMG_9303.PNG




posted by ささき at 12:45 | TrackBack(0) | __→ DSD関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

DSDイベントふたたび

今回の「遊」でのDSDイベントが好評をいただき、また人数制限のためお断りした方もいたということで、再度同じイベントを「遊」で2/16に開催することになりました!
詳しくは「遊」のFacebookをご覧ください。
https://www.facebook.com/you.by.timelord

内容は今回と同じく、下記のように進めていきたいと思います。
 DSD再生の経緯・背景
 DSDとPCM(比較試聴など)
 DSDネイティブ再生の機材とソフトウエアについて
 DSDに力を入れているレーベルのBlue Coast RecordsとChannel Classicsの紹介
また試聴や聴き比べを多く交えて行っていきたいと思います。使用機材や内容は若干変更するかもしれません。
またよろしくご応募お待ちしております。
posted by ささき at 23:09 | TrackBack(0) | __→ DSD関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポタ研2013冬開催

きたる2/9にはフジヤエービック主催のイベント、ポータブルオーディオ研究会、2013冬を開催するそうです。
https://www.fujiya-avic.jp/event/potaken2013_winter/
前回フル真空管ポータブルアンプを持ち込んだANALOG SQUARED PAPERさんは新作のハイブリッドタイプを持ってくるそうです。
http://www.analog2p.com/tur06/tur.html
あといろいろと興味深いのが出るようですので、ぜひ行って研究したいところですね。

posted by ささき at 22:59 | TrackBack(0) | ○ オーディオショウ・試聴会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月26日

DSDイベント終了しました

タイムロードさんのショウルーム「遊」で開催した私のDVDイベント終了しました。満員盛況で参加いただいた方ありがとうございます。本日の模様は遊のFacebookページにアップされています。
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.420018084737122.96817.414082108664053&type=3#!/photo.php?fbid=437451896327074&set=a.420018084737122.96817.414082108664053&type=3&theater
またの機会にもよろしくお願いします。
posted by ささき at 23:51 | TrackBack(0) | __→ DSD関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月22日

DSDイベント締め切りました

1/26に予定していたDSDイベントの申し込みは満席に達したため締め切らせていただきました。ありがとうこざいます。またのイベントも考えていますのでよろしくお願いします。ネタ仕込中。。
posted by ささき at 23:00 | TrackBack(0) | __→ DSD関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CDジャーナル2月号に執筆しました

発売中のCDジャーナルに執筆しました。といってもCD評ではなくP102からのPCオーディオコーナーで、iPadタブレットで使えるHRT iStreamer、コンパクトなハイレゾDACのDragonfly、DSDネイティブ再生のQuteHDをそれぞれ新しい音楽の楽しみ方を紹介するということで書いています。オーディオ誌に書くのとはまた違ってわかりやすく書くことが求められるので新鮮でした。
本誌もモーニング娘から富田勲まで幅広く取り上げられています。


posted by ささき at 22:50 | TrackBack(0) | ○ PCオーディオ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネットオーディオVol09に執筆しました

発売中のネットオーディオVol09に執筆しました。P157のHifiMan HM901レビューとP188の連載において2012年の回顧と2013年の展望を書いています。
HM901もようやく生産モデルが出てきて発売まで今少しとなりました。聴き比べてみましたがヘッドフォン祭でのデモ機に比較すると生産モデルはさらに音質が高くなっています。今年まずはじめの期待のモデルですね。


posted by ささき at 22:36 | TrackBack(0) | ○ PCオーディオ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月16日

オーディオファイル向けWindows 8とオーディオファイル向けLinux

もう二年以上も前ですがオーディオファイル向けのOSとしてVoyage MPDの紹介記事を書きました。また最近オーディオファイル向けのOSバリアントが出ていますので紹介します。

* オーディオファイル向けWindows 8 (Audiophile Windows 8)

Computer Audiophileの下記スレッドでオーディオファイル向けのWindows8が紹介・配布されています。
http://www.computeraudiophile.com/f11-software/iso-usb-key-installer-preconfigured-and-stripped-down-audiophile-version-windows-8-pro-including-jriver-and-foobar-14390/

これはWindows 8 proに不要サービスの停止などのいわゆるチューニングをあらかじめ設定しておいたもので、Fedelizer、JRMC18(トライアル)やFoobarなどが入っています。Foobarではなつかしの高性能リサンプルコンポーネント、Secret Rabbit Code Resamplerも入ってますね。これってFoobar 1.0から使えなくなったんですが、自分で通るようにコンパイルし直したんでしょうか。
もちろんインストールするためには正規のWindows 8 proライセンスが必要です。これはアップデートライセンスではなくフルライセンス(いまはDSP版と同じだったはず)が必要です。
またページングをオフにしているので、RAMは最低4GB必要ということです。他のチューニング内容はスレッドを参照ください。
静音PCなんかに入れるのによさそうです。ほぼ専用機なのでJPlayを使うのもよいでしょうね。

入手方法は作成したJohn DoeにPMしてダウンロードリンクを教えてもらってください。ただリンクはとっても遅いです(かといってこの手のサイトは有料オプション取るのは怖い)。またいまの版は場合によってアクティベーションに問題があるようです。作者は改善した版を作るって言ってますのでそれまで待った方が良いかもしれません。ブータブルUSBへの書き方などはスレッドで書かれています。

ちなみにJohn Doeってジョンっていう人の名ではなく、John Doeは日本語で言う名無しの権兵衛という意味の英語表現です。


* オーディオファイル向けLinux (Audiophile Linux)

こちらはLinuxのディストリビューションとしては一般的なMintをベースにしてオーディオ向けのチューニングを施したものです。
http://www.ap-linux.com/

特徴としてはこちらも不要サービスを留めるというチューニングが基本で、リアルタイムカーネル、低レイテンシー(<10ms)、ビットパーフェクトを標榜しています。標準のオーディオプレーヤーソフトはdeafbeef audio playerで、Audaciousなども推奨されていますが、Rhythmbox、Banshee、ExaileなどはDBでリソースを食いすぎるのでやめておけと書いてます。

素っ気ないVoyageとは異なりこちらはXFCEやFluxboxといったデスクトップ環境が立ち上がる環境になっています。入手方法はこちらのサイトのリンクから無料ダウンロードできます。
http://www.ap-linux.com/download/
全体にVoyageみたいに音質に特化するあまり扱いにくいというよりも、扱いやすさを残しつつ音質向上のチューニングもするという折衷的なもののように思います。
posted by ささき at 01:00 | TrackBack(0) | __→ PCオーディオ・ソフト編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

DSD対応ハード、ソフトの一覧表

Computer Audiophileのフォーラムに有志が作成したDSD DAC、再生ソフトウエア、レーベルなどのDSD対応製品データベースがあります。

https://docs.google.com/spreadsheet/ccc?key=0AgVhKcl_3lHfdFVyenBBNjNpQ2lieG81WGpqQTNfVUE#gid=0

DoP/ASIO、DSD64やDSD128対応など一目でわかり、なかなか便利ですね。
posted by ささき at 23:20 | TrackBack(0) | __→ DSD関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

タイムロード「遊」にてDSDイベントを行います

タイムロードさんのショウルーム「遊」にて私の解説にてDSDの試聴イベントを行います!
内容としてはDSDに関する解説とともに聴き比べなどの試聴的な側面も強くしようかと思います。
日時は1/26(土曜)で詳しくはこちらのタイムロード「遊」のフェイスブックをご覧ください。
http://m.facebook.com/story.php?story_fbid=431400176932246&id=414082108664053&__user=0#!/you.by.timelord?ref=stream&__user=0
席は限られていますので予約制となります。
「遊」については下記の記事を参照ください。よろしくお願いします。
http://vaiopocket.seesaa.net/article/307840399.html
posted by ささき at 12:51 | TrackBack(0) | __→ DSD関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

ONKYOがDSD再生可能なiPhoneのHDオーディオアプリを開発中

いまアメリカではCESが開催されていますが、ONKYOでは新製品のヘッドフォンが発表され話題を呼んでいます。オフィシャルはGibsonブースでの展示だそうです。
CES1.jpg

そしてある画期的なアプリも参考出品されています。
それがこのONKYOがヘッドフォン用に開発中のiOS向け音楽再生プレーヤーアプリです(名称未定)。CES展示ではヘッドフォンのイコライザーアプリとしてまず紹介されていますが、実はそれにとどまらない、なんとDSD再生も可能な画期的なHDオーディオプレーヤーのプロトタイプです。
これについては開発中の試作版を少し前に試用させてもらう機会がありましたので、それも交えて紹介いたします。なおスクリーンショット、説明内容はすべて開発段階のものですので念のため。

IMG_0041.PNG

まずCES展示ではONKYOの開発したヘッドフォンのための再生アプリとして紹介されています。
ただしこのアプリは最近よくあるヘッドフォン・バンドルタイプのアプリとは一線を画したものです。実際にイコライザーはかなり強力で、64bit処理のモード(HQモード)を持っていて、20000タップのFIRフィルタで高品質な処理をします。だいたい通常のイコライザーが1000タップ程度で、プロ用でも4000タップくらいということなので精度の高さが分かると思います。普通イコライザーをオンにしただけでも音質が劣化しますが、この64bitモードと高精度デジタルフィルタによって高音質でイコライジングすることができます。
そして今回発表されたヘッドフォンに合わせた特性のカーブがあらかじめプリセットされています。そのため最適な音質で再生することができます。

opt for oh.png

こうしてプレーヤー側の高品質なイコライザーで周波数特性を補正してあげることで、手頃な価格でかつ高音質なヘッドフォンリスニングが可能となるでしょう。これは前に書いたEarPods用のDirac HDアプリや、さまざまなヘッドフォン特性がプリセットされたAudyssey Music Playerアプリにも通じる考えですね。ONKYOのアプリでは64bitモードをも持つことで、イコライザー使用による音の劣化を防ぎながら帯域特性を向上させることができるので、この手法が効果的に効いてきます。イコライザーを使用することで音質が劣化したのでは意味がないですからね。またこの高精度なイコライザーを使用して、プリセットされたものだけではない、音のカスタマイズ提案の可能性も考えられます。

しかし、このアプリは単なるイコライザーアプリに留まりません。高音質オーディオプレーヤーアプリとしてハイレゾ音源を再生可能で、さらになんとDSD音源をiOSで再生することができます。
実際に試作版を手元で試す機会がありましたが、自分の買ったDSD音源を使えてiPadでDSDが再生できたのはちょっと新鮮な感動でした。下記はBlue Coastから買ったDog Songを再生しているところです。

IMG_0053.PNG     IMG_0054.PNG

いままでのRadsonやSoundmaxなどに直接比較して比べてもずっと洗練された自然で音痩せのない上質感のある音でした。
このアプリではイコライザー以外の部分での音の処理ではDSP処理はしていないとのことです。かなり本格派というか正統派の音楽再生アプリです。前にNeutron Playerの記事を書いた時にも思いましたが、もうスマートフォンアプリだから、という時代ではありませんね。最新のスマートフォンの能力はもはや玩具ではなく、十分な可能性を感じさせます。DSDネイティブ再生の可能性はどうだろう?。。見ていると期待が広がります。

なお出力するさいには下記の選択が可能のようです。 *1
DSDはおそらく1と2でPCM変換対応可能だと思います。
1. すべての音源を48kHz/24bitにリサンプリングする
たとえば192/24のHD音源ならダウンサンプリング、44/16のCDリッピングならアップサンプリングとなります。これはiPhoneやiPad単体で聴くときのモードのようです。
2. 指定のレートにアップサンプリングする
たとえば44/16のCDリッピング音源を192/24に変換する。
iPad/iPhone単体では192にしても意味がないので、これはiPadでの外部デジタル出力を想定しているのでしょう。
3. そのままで変換しない

このONKYOのアプリは単なる再生アプリというより、ヘッドフォン製品の帯域特性改善、ハイレゾ音源・DSD音源の再生、オーディオ機器やネットワークへの可能性など、ONKYOが今後展開するだろう各分野でのさまざまなオーディオ戦略の中核ともなりうる可能性を秘めたソフトウエアだと思います。たとえばe-ONKYOの配信で購入したハイレゾ音源をONKYOのヘッドフォンで最適EQで再生でき、その音源はiPhoneではなくリモートにあっても良いかもしれません。製品群や製品戦略がスマートフォンという次世代の主役を軸に有機的につながってきますね。
こうしてコンピューター・ソフトウエアというインフラをあらかじめ考慮した製品戦略というのが、ひとつのPCオーディオのあるべき姿であるように思います。


*1 - 仕様について加筆訂正しました。(1/10)
posted by ささき at 15:06 | TrackBack(0) | __→ スマートフォンとオーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

今年の撮り初め、冬牡丹

さて、今年も撮り始めは冬牡丹にしました。こちらは上野の東照宮の冬牡丹園です。
ミノは本来雪よけですが、雪が実際に積もっているのはここ数年見たことがありません。その代り木漏れ日を花に降らせる役割をしてくれます。
今回はSigma DP2 Merrillで撮ってみました。このシャープすぎるカメラを花に使うのは向いていない印象もありますが、その描写のリアルさは花の美しさを引き立たせてもくれます。

SDIM0554.jpg   SDIM0558.jpg   SDIM0591.jpg

なお接写では純正のクローズアップレンズAML-2を使用しています。

SDIM0671.jpg   SDIM0613.jpg   SDIM0601.jpg   

さて今年もいろいろと撮っていきたいものです。
posted by ささき at 12:06 | TrackBack(0) | ○ 日記・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

新年のご挨拶

みなさま、あけましておめでとうございます。
昨年のまとめは年末の記事に書きましたが、今年の動きはまずCES2013から始まります。
ただCESでの流行りがその年のトレンドリーダーになるわけではないというのが近年の特徴ではあります。CES2011のAndroidタブレット、CES2012のスマートTVなんかがまさにそうです。CESに出ない影のトレンドリーダーは実のところはAppleでした。今年もその傾向は続くと思いますが、国内ではAppleと電子書籍に関する面白いうわさも新年早々入ってきていますね。

またちょっと面白いのはComputer Audiophileでユーザー投票による2012年度のプロダクト大賞の投票を行っているところです。ここでもStereophile同様にやはりDragonflyが強いですね。DSD系ではQuteHDも入ってます。Audirvana plusが今年かといういう気はしますがダイレクトモードがありますので私もこの3点に一票。
http://www.computeraudiophile.com/f8-general-forum/2012-ca-product-year-readers-choice-14398/
ちなみに英国What's HiFiのプロダクトオブザイヤー2012 DAC部門もDragonflyです。
http://www.whathifi.com/awards/2012/dacs
さて、また今年も面白い製品がたくさん見られることを楽しみにしています。
posted by ささき at 21:24 | TrackBack(0) | ○ 日記・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする