Music TO GO!

2012年09月14日

iOS6の新オーディオ機能inter-app audioとAudiobus

iPhone5のみならずiOS6も姿が見え始めましたが、そのオーディオ機能のひとつがinter-app audioというものらしいというのは発表時点で噂になっていました。そして同時に取りざたされたのがAudiobusというアプリ(会社)です。
Audiobusの提供する機能はあるオーディオアプリの出力をリダイレクトして別のアプリの入力とする、というもののようです。これは音楽制作向けの機能で、LinuxのJack audioに近いと思います。楽器アプリの演奏を直接iOS内で別のアプリで録音するなどの用途に使えるでしょう。

iOS6発表の少し前から注目されていたのですが、iOS6発表の時に関係を取りざたされて以来沈黙を守ってました。それが今日自らのタンブラー(SNS)でアップルの認可を受けたと発表しました。
http://audiobus.tumblr.com/post/31453084246/audiobus-has-been-approved-by-apple

他アプリとの連携が欠かせないので、今後は活動も精力的になっていくと思います。
いままでこうした音楽分野はiPadの独壇場だったんですが、別な記事に書いたようにAndroidもオーディオ適用性を伸ばしてきています。ここでまたアドバンテージを獲得したいということなのでしょうね。
posted by ささき at 09:14 | TrackBack(0) | __→ スマートフォンとオーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする