Music TO GO!

2012年03月16日

「新しいiPad」がひらく世界

本日新しいiPadが発売されます。
iPad3とも言われた新iPadは単に「新しいiPad」と呼ばれました。たしかにMacbook Air 2やiMac 4などとは呼ばれませんからね。発表会においてCEOのクックがポストPCについて言及したように、これで「名実ともに」iPadもデスクトップやノートブックの仲間入りを果たしたというわけです。
しかしこの新しいiPadにはさらなる可能性があります。

この新しいiPadにはいくつかの改良点がありますが、やはり最大の特徴はAppleがレチナディスプレイと呼ぶ高精細な液晶ディスプレイです。レチナ(Retina)とは網膜のことで、目では(粗さが)判別できないというような意味です。クラシックカメラのメーカーやクラカメショップなんかにもレチナというのがありますね。ピクセル数は従来のiPad2の1024x768から2048x1536に進歩しました。これは264ppi(dpi)に相当しますが、単に4倍の密度になったということやフルHDをさえ超えるということに留まりません。
300dpiというのは紙印刷においてはひとつのマジックナンバーです。つまり紙に印刷するのと同じ解像度でディスプレイにも表示ができるようになったということです。これにより人類はついに実用的な電子の紙を持ったということになります。
新しいiPadは初日だけで100万台売れたと言われますが、実験室の中のように一部の人だけではなく、数百万台・数千万台と売れていくデバイスでそれが可能になった意義は大きいと言えるでしょう。iPhone4でも同様な高精細ディスプレイですが、A4やレターのようなごく一般的な普通プリント用紙のサイズで300dpi近い解像度を持つということは別な意味を持ちます。

そもそもコンピューターの画面がいま白地に黒文字が基本なのはなぜかわかりますでしょうか?
もともとコンピューターディスプレイは昔のIBMなんかの大型メインフレームのように黒字に緑文字でした。それが白地に黒文字になったのはMacの祖先である米ゼロックス社が開発したAltoが始まりです。このAltoが現在のすべてのウインドウとデスクトップメタファーを持ったパーソナルコンピューターのミトコンドリア・イブです。コピー機を創ったゼロックス社は70年代に未来のコピー機を考えるにあたり、コピー機を電子の世界に移し替えるという考え方をしました。つまりコピー機で印刷されるように画面に表示したかったわけです。それが白地に黒文字の画面の始まりです。これによりビットマップディスプレイが生まれました。それをジョブズがゼロックスの研究所から盗み取り、さらにゲイツがそれをコピーしたわけです。それがMacとWindowsのはじまりです。(ジョブズがMac開発チームのモットーを海賊としたのはそれなりの意味があります)
このようにもともと画面と紙は同一が理想でした。

Macは72dpi(ppi)という画面解像度にこだわっていました。これはDTPで使われることが多かったMacにとって画面で見たサイズで印刷できるWysiwyg(What You See Is What You Get)という概念にこだわっていたからです。Wysiwyg(ウィズウィグ)というのはたとえば画面に表示されるワープロの原稿をA4の紙に印刷したときに、その紙を画面に持ってきたときに大きさが一致しているということです。つまり72dpiの整数倍である144dpi、288dpiが紙に印刷するデバイス(プリンタ)になります。

iPad2と新しいiPadではいいかえるとMacにおけるレーザーライター(300dpi)とイメージライター(144dpi)の違いがあります。イメージライターではいいところレポートを印刷する程度だったMacがレーザーライターの表現力でDTPという新しい世界を切り開きました。そして288dpi(Wyswigモード)のレーザーライターでDTPの世界を創ったAppleがまた264dpiのiPadで印刷に代わる新しい世界を開くことができるというわけです。
いままでコンピューターの画面のフォントは見やすさが優先でしたが、これからはフォントも印刷と同じように細かい刎ねやカーニングのようなデザインやレイアウトが重要になります。それは本の印刷と同じで、世界各国の文化もより反映することができるということです。たとえば欧米フォントはセリフとサン・セリフ(セリフなし)に大別できますが、セリフとは文字の飾りを意味しています。それらは文化的な背景によるところが大きいわけです。これによりディスプレイは紙を超えられないというハードルは超えられていくでしょう。

もちろん減法混色による紙印刷と加法混色によるディスプレイでは発色の原理が根本的に違うので、ディスプレイがいくら進化してもまったく紙と同じものはできません。しかし別な世界も開けます。ppiとdpiを言い換えたように、印刷ではハーフトーンという網点で画像を形成するのに対してピクセル個々に諧調が持てるディスプレイはさらに表現力が多彩です。

作家ウンベルトエーコは"もうすぐ絶滅するという紙の書物について"の中で「本はスプーンのように完成されていて一度発明されたらそれ以上うまく作りようがない」と述べています。そうした意味ではiPadは本の"再発明"となる可能性のあるものかもしれません。真の意味での「電子書籍」というものはここから始まるとも言えます。この新しいiPadが新しい紙であり、新しい本となっていくでしょう。



posted by ささき at 01:45 | TrackBack(0) | __→ スマートフォンとオーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする