Music TO GO!

2011年06月03日

Pure Music Playerもインテジャーモードをサポートしました

予告通り、というかいささか遅れてしまい、待っているみんなにブーイングされながらもなんとか6/1にPure Music PlayerのV1.8が登場してintegerモードがサポートされました。

下記のようにAudio settingのパネルから設定できます。ProtonとDACportでとりあえず試しましたが、どちらもstrict device validationを外すとインテジャーモードが使えました。
いままでと異なるのは、Pure Musicは高精度なデジタルボリューム機能がついているのですが、インテジャーモードになるとその機能が使えずアップサンプリングなどもできないようです。この辺はみなAudio Unit周辺でやっていたようですね。つまりこの辺がそっくりバイパスされていることがわかると思います。左側のパネルが表示されなくなります。

pm18.png

なおV1.8からDSDの再生も可能になりましたが、現在はPCMに変換します。しかし、これがやがてくるDSDネイティブ再生への布石だとすると、インテジャーモードはMacOSでDSD再生するための前提条件として実装されたという見方もできます。Audirvanaでもインテジャーモードを使えばDSDネイティブ対応も可能だと作者が言っていました。

さて、AudirvanaだけではなくPure Music Playerでもサポートされて広がりを見せるMacOSのインテジャーモードですが、次はどこがサポートするのか?
posted by ささき at 00:44 | TrackBack(0) | __→ PCオーディオ・ソフト編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする